登記手続きというのは以外と専門家に依頼しなくても
できるもので会社経営をしているのですが、移転登記とか
役員変更、増資手続きなどは自分で行っています。
最初にするべきは、まずは謄本(登記事項証明書)を法務局で取得して
それを元に戸籍謄本、住民票、評価証明書などを集める
相続人が確定すると相続登記申請書を作成する。
最後に法務局に提出。
簡単にはこの流れで登記は完了します。
しかしそれは登記上のことだけであり、
遺産相続にはいろいろなことが出てくるので、
登記以外のところではやはり税理士であったり弁護士、司法書士との
やり取りは必要になってきます。
税理士業を見てみると相続に関しては少し特殊なようで、
相続専門の税理士がいたりと一般的にいる企業会計の税理士とは違って、
相続を専門にしているなどの特殊な業務のようです。
税金の計算や法律の部分は各専門家にお任せするのがいいでしょう。
メモ:相続の流れのわかりやすいページはここ